2012年11月

2012年11月23日

「創作ダイニング Kanon Branche (カノン ブランシェ)」悲喜こもごも

※閉店されています

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

息子がお昼ご飯食べに行こう~と言うので
食べに行ったお店の話です

女性同士なら、パスタとかカフェとかに行くのですが
息子とならどこにしよう・・・
息子からの、
「ラーメンとか寿司は嫌や」
「野菜が食べれる店」という条件の元探しました

最近出来て
私も行ったことないし、サラダバーがあると言う事で
「カノン・ブランシェ」というお店へ

カノン・ブランシェ1

蔵王町のイズミの南側に出来ました
ここはいろんなお店がオープンしては変わる場所なんです

カノン・ブランシェ2

席と席の間は、巨大な「塗り壁」のような壁で区切られています
個室っぽくなるようになんでしょうね
通路も広々です

カノン・ブランシェ3

食べ放題のセルフエリア

カノン・ブランシェ4

サラダバーです

フルーツ

フルーツもあります
このほか、カレー、ライス、スープ、パンが食べ放題です

カノン・ブランシェ5

息子が頼んだハンバーグステーキ1,000円です
結構ボリューム満点のハンバーグ
息子はこれにサラダとカレーにスープまで食べていました(; ̄Д ̄)
満腹大満足だそうです

カノン・ブランシェ7

私が頼んだ「創作ランチ」1,365円です
赤丸部分は食べ放題でも食べることが出来る部分です

かぶっている上に
これだけあったら
食べ放題に手を伸ばす余裕もないし・・・
カレーなんてもちろん食べれないしね~
食べ放題いらないから1,200円で飲み物付けて欲しいなぁと思いました

なんせ、わがままですので(笑)
男性にはかなりお得なお店だと思いますよ~

でも、ちょうど12時頃に行ったのに・・・静かなお店でした(汗)

創作ダイニング Kanon Branche (カノン ブランシェ)
福山市南蔵王町5-11-12
電話番号/(084)959-2511
営業時間/11:00~15:00 (L.O.14:30)
        17:00~22:30 (L.O.22:00)
★閉店されました


lucky2507 at 14:13|PermalinkComments(0)福山東部 

2012年11月13日

MONDOVINO SOCIAL CLUBで上品に?ランチ

手城にある
「モンドヴィーノ・ソシアルクラブ」へ久しぶりに行きました

モンドヴィーノ・ソシアル・クラブ1

重厚な塀が下界を遮断するようで
高級感が漂っていますよね

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ合成

もちろん塀だけでなく
店内もおしゃれなので、ちょっと気取ってみたくなります(笑)
席に着くときもスタッフさんがイスを引いて下さいますよ

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ6

ランチは1,500円から5,000円
もちろん私は1,500円のパスタランチです
まず初めに、野菜とバーニャカウダが出てきました
紫芋とかパプリカとか・・・器も可愛いし、女子心わし掴みですね

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ7

前菜です
左上からキッシュ、三食豆のツナサラダ、鶏肉のスモーク、サツマイモのキャラメル似だったような

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ8

スープはカリフラワーでした
これが!!!美味しい~
上手く表現できませんが、美味しい

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ9


エビときのこのパスタ、柚子風味
ゆずがさっぱりと効いていました

モンドヴィーノ・ソシアル・クラフ10

デザートと飲み物
デザートも、もちろんいうことなしの大満足ですが
コーヒーが、温度といい素晴らしく美味しかったんですよ

ディナーは5,000円からなので
ちょっと気軽に利用する機会はないですが(私は)
記念日とかに上品に利用したいお店ですね
ワインもお勧めみたいでしたよ

MONDOVINO SOCIAL CLUB
福山市手城町2-14-23
電話番号(084)982-7945
定休日 月曜日 年末年始
HP


2012年11月10日

洋食屋さんで人気「ボントレ」さんの珈琲店が南蔵王町にオープン

11月1日に
蔵王にオープンしたボントレ珈琲店へ行ってみました

ボントレ珈琲店1

駐車場はお昼過ぎでも一杯でした

ボントレ珈琲店2

店内はすごく広くて
ゆったりコーヒーを飲んだり、おしゃべりするのには重宝しそうでしたよ
奥のソファー席に座ったので
特にそんな印象を受けました

ボントレ珈琲店3


12時までのモーニングメニュー

ボントレ珈琲店4


昼食後だったので、コーヒーだけのつもりでしたが
つい
つい
つい
「フワッフルロール」に目が行っちゃって・・・・

ボントレ珈琲店5

頼んじゃいました
中の生クリームが美味しかった~

カレーとかサンドイッチなどもありました
ちょっと使いに重宝しそうなお店ですね
駐車場も20台ほどあるそうですが
しばらくは混雑してそうです

ボントレ珈琲店
福山市南蔵王町3-5-15
電話番号/(084)927-0383
営業時間/8:00~20:30


2012年11月06日

出雲名物食べ歩き そばおやき&そば&ぜんざい&ワイン

しまね神話博が開催されているので
母を連れて出雲大社へ行きました
天候がどうかなぁ~と思いながらも、行く機会がないので
強行しました

が・・・

出雲大社鳥居

雨は降るし、みぞれは混じるし
風は吹くしでとんでもない、歩いて参拝できる状態ではありませんでした
でも少し小ぶりになったので「神門通り」散策しよう~と言いながら
目に入ってしまいました・・・

絆屋

出雲そばおやきのお店「絆屋」さん
「おやき」と言えば長野県が有名だけど出雲で?
と思ったら「そばおやき」なんですね

そばおやき2

あんこの入った甘いものから、ごぼうやひじきの入った軽食系まで
いろいろ種類がありました
私はもちろ~ん島根和牛の佃煮おやき
出来立て熱々、もちもちで美味しかったですよ~
母はあんこ

食べ終わって少し歩こうと思ったら
土砂降り

えにし2枚

「お蕎麦、食べれる?」
「まだ入る入る」と
雨宿りも兼ねて、出雲そばの「えにし」さんへ入りました
同じような人たちで、お店は満席になっちゃいましたよ~
でも、さっそく目当ての出雲そばを注文

えにし3

一番人気だと書いてあった「三色そば」です
出雲そばは最近、きんぴらごぼうが乗ってるんですね
先日、奥出雲のお蕎麦屋さんでも乗っていたのでビックリしました

えにし4

これが思いのほか合うんですよ!!
メッチャ美味しかった!お蕎麦ときんぴらごぼうが合うなんて
一体誰が考えたんでしょうか  すごい

雨は降るし、もう神話博見るの止めて帰ろう~
と駐車場へ引き返しながら・・・
あ!!これも食べなきゃ

出雲ぜんざい壱号館

「出雲ぜんざい」です
B級グルメの大会にも頑張って参加しておられますよ
神様が集まる10月に、神様にふるまわれた「じんざい餅」が
なまって「ぜんざい」となり、京都に伝わったので
発祥の地は「出雲」なんだそうです

出雲ぜんざい3

焼餅入りの「縁結びぜんざい」です
焼いてあるから!!!!美味しい~!!!
ぜんざいの前にあれだけ食べているのに・・・・美味しい~
B級グルメの大会でもっと良い順位とってもいいですこれは!!!

神話博へ来たのに食べつくして出雲大社を後にして

島根ワイナリー1

しまねワイナリーで
ぶどうジュースやワインの試飲までして
出雲名物を堪能して帰途にしました

雨は降ったけど楽しい母娘ドライブでしたよ


出雲そばおやき 絆屋
出雲市大社町杵築南861-1
電話番号/(0853)25-7337
営業時間/10:00~16:00
HP

手打ち出雲そば えにし
出雲市大社町杵築南836-2
電話番号/(0853)53-0165
営業時間/11:00~17:00
定休日 /水曜日
HP

日本ぜんざい学会壱号店
出雲市大社町杵築南775-11
電話番号/(0853)53-6031
営業時間/10:00~17:00
定休日 /不定休
HP


島根ワイナリー
出雲市大社町菱根264-2
電話番号/(0853)53-5577
営業時間等は園内の施設によって異なります
HP


2012年11月04日

どっちにしようか迷っていますはお得な言葉?2杯目「鬼そば」

奥出雲をぐるり周った後
もう一件お蕎麦屋さんに行きました

鬼そば2

「鬼そば」さんです
こちらは「十割そば」なんだそうです

なぜここに決めたって言うと「十割そば」ってのと・・・・

鬼そば

この看板です
「一人でもたもたやってます」ってフレーズに魅了されました
「対応できません」ときっぱりとした
媚を売らない態度に
ひきつけるところがありました(笑)

鬼そばいろいろ

まだ新しいと思われる店内ですが
「ご主人一人」で切り盛りしている雰囲気が
そこここに出ていました
いい意味で味わいある・・・悪い意味でちょっといい加減な感じ?
でも、そんなのんびりとした感じがまた落ち着くお店ですね

裏から湧き出るお水でそば打ちをされているそうです
そのお水に「鬼の涙」って自分で名前をつけているご主人のセンスも
個性的でした(写真左上)

鬼そばメニュー1

蕎麦はやっぱり「ざる」派なので
もちろん「ざるそば」を選びたいのですが
2種類ありました
「挽きぐるみ」ってのと「変わりそば」です

また迷うアラフィフ
うだうだ~もぞもぞ~
ご主人がほかのお客さんに手を取られている間、メニューとにらめっこ
どっちにしよう~(; ̄Д ̄)
決断力の弱さも加齢のいなす業でしょうか(んな訳ないか)

注文を取りに来たご主人に再び
「どっちにしようか迷ってますぅ~」とまたもやアラフィフが苦悩の想いを告白

ご主人が
「じゃぁ両方盛り合わせましょうか」

「え~っ、ありがとうございます。嬉しい~」
ここで素直に喜びを表現すると高感度アップ(誰に対してよ!)

鬼そば5

じゃぁ~ん
告白の成果、メニューにはない「二種類盛り合わせ」

で、量が・・・・多っ

ここで、新たな苦悩が
まさか二種類盛り合わせって・・・
二つ注文したってこと?え?800円×2?ご主人やってくれた?
不安が頭の中をよぎるけど聞くに聞けない、気弱な小心者(T_T)

左が「挽きぐるみ」です
蕎麦の実を殻つきのまま石うすで挽いたそばらしく
コシが強い!!
食べたことのない食感でした・・・美味しい~

右は「変わりそば」
黒ゴマを一緒に練り上げた蕎麦だそうです(内容は日替わり)
なんと!これは「塩」を付けて食べてもよいそうで・・・・
これも美味しい~テンション

鬼そばアップ

奥出雲匹見産の生わさびを自分ですりおろして頂けます
食後には
そばがきをクレープ状にして作ったデザートまで登場

これがまた香ばしくて激ウマ
心配の会計は・・・・800円でした(ほっ)
ご主人の優しさを疑った私・・・反省です
(だって、量が普通の倍かと思うくらいあったんですよ。。マジ)
おまけに次回200円引きのチケットまでいただきました
800円に対し200円の値引きって・・・・ご主人経営大丈夫?

奥出雲町には
まだまだ有名なお蕎麦屋さんがたくさんあります
今日から18日までは新そばまつりで蕎麦屋さん巡りのイベントもあるようです
各店舗でお蕎麦を工夫しておられて
様々な種類のお蕎麦があるそうなので全部制覇したいくらいです


しかし、奥出雲町のおそば屋さん
なんて優しいんでしょう・・・・本当に感激した2店でした

鬼そば
島根県仁多郡奥出雲町三成1415-27
電話番号/0854-54-2101
営業時間/11:00~
HPはこちら