2015年01月

2015年01月17日

食事しながらイタリアンの学習~「Napoli(ナポリ)」

なかなか記事が書けなくて・・・
お正月明けに行ったお店です

ナポリ1

春日にある「Napoli(ナポリ)」さん
クーちゃんお勧めのピザ屋さんです
(隣にあったあごぅさんが閉店されていたのに驚いた)

ナポリ2

店内はちょっと薄暗く
薪がたくさん積んでありますが
一番驚いたのは、壁いっぱいの活字!!
メニューも写真なしの文字だけです

お正月明けということでランチがなくて単品注文となりました
何を頼むかちょっと悩む悩む

ナポリ3

店内からピザの窯が見えました
本格的~

ナポリ4

1790円(税別)ちょっと高かったけどクーちゃんの太っ腹で頼みました
「サルシッチャ・エ・フリアリエッリ」・・・・絶対記憶出来ない私・・・

ナポリ5

プロ・ヴォラというナポリ直送の燻製のモッツェレラに
サルシッチャというハーブ入りソーセージと
フリアリエッリというイタリアの青菜が乗ったピザです
(あ~、やっと文字が打てたわ・・・笑)
端っこまでしっかり味が付いて美味しかった~
チーズの風味が珍しい一品です

ナポリ7

文字が一杯の壁には
イタリア料理の説明ほか、ピザの食べ方まで書いてあります
私は手で持って中心からそのまま食べる派ですね~
なるほど、持ち方にもコツがあるんですね
料理の説明はトイレの中にまで貼ってありました^m^

ナポリ6

私が頼んだブッタネスカ 960円(税別)です
ランチセットがなかったので
ちょっとランチにしては高くなっちゃったけど
しんみりと落ち着いたお店でしたよ

PIZZERIA Napoli (ピッツェリア ナポリ)
福山市春日町3-16-8 藤井ハイツ1F
電話番号/084-945-7668
営業時間/11:00~15:00
        18:00~22:30(土日は少し変わるようです)
定休日 /月曜日


2015年01月13日

誰かに自慢したくなるステーキ「洋食だいにんぐ このは」

神辺に先月オープンしたというお店に行ってきました

このは1

「洋食だいにんぐ このは」さんです
182号線と486号線の交差点近く(かい酒店のとこだよ)
お店前に駐車場が数台分あります

このは2

以前は居酒屋さんだったのかな?
入り口で靴を脱いであがります
ミニ噴水があって、店内は水の流れる音が聞こえますよ

このは4

入って右側に並ぶ個室のテーブル席
結構広い~

このは3

奥側から写したカウンター席
足元は掘りごたつ様式だし、椅子はふんわりで固定式じゃないんですよ
この椅子が・・・座り心地いいんです

d01fc2c0.jpg


ランチメニューです
(クリックで拡大)
全てのメインメニューに前菜とスープ、ドリンクが付きます

このは6

前菜とスープです
この前菜とスープ、そしてドリンクが付かないメインのみの単品は200円引きだそうですが
200円なら食べるでしょう~
いえ、食べさせてください!!
行った日のスープは「金時人参のスープ」でした
長くなるので一品一品説明はしませんが、どれも手作りだそうで
前菜だけでもテンションあがりました

このは7

メインです
私は、このはランチにしました
魚と肉の両方食べれる欲張りセットです

このは10

料理をズームアップ
お肉は6切れ、青梗菜や白菜、人参、芋など付け合せも
丁寧な味付けで、白菜のソテーって美味しいんですね
びっくり

このは8

めったに食べれないステーキ!!
そんなに高級なお肉ではないとは思うけど(だってお手頃価格だもん)
美味しい~
野菜がたっぷり入ってそうなソースもステーキによく合います

食べてる途中から
仲良しみっちゃんにLINEして、美味しいよ~と自慢しちゃいました

このは9

ホットコーヒーは熱々
クーポン使わせてもらったので1,480えんが1,180円で食べることができました
夜はこのメニューに(価格はちょっと変わります)パスタが加わるそうです

Facebook見て行ったのに、その事言うの忘れたのが残念です
(何かいい事ある・・・かもらしいです)

洋食だいにんぐ このは」
福山市神辺町十九軒屋250-4
電話番号/084-963-8424
営業時間/11:00~15:00(LO14:30)
       18:00~21:00(LO20:30)
定休日 /月曜日(祝日も休み)


2015年01月11日

ランチパスポート備後版5の閉店・ランチお休み情報 

ランチパスポート備後版5の期限もあと2週間になりましたね
先月23日に北部エリアの「丈」さんが
使用期間途中で閉店されたというお知らせをしましたが
またまた閉店の情報が入りました

食べ納めに行ってきました

ルシル1

リム・ふくやま2階にある「ルシル・ザ・パーティ」さんです
(以前行ったときの記事はこちら←ポチ)
1月12日でこちらのリム・ふくやま店は閉店されるんだそうです

ルシル3

単品はどれも500円だったので、ちょっと違うメニューを注文しちゃいました
「豚めしの和風オムライス」です

ルシル4

ソースは意外とさらっさら
中のご飯もひき肉入ってるし、和風の味がついていて
ちょっとオムライスの概念を良い意味で覆します
美味しい~(^_^)

ルシル6

リム・ふくやま店は閉店ですが、
図書館横の「ル・シエル・カフェ」「コム・シェ・トワ」に
来てくださいね~と言われていました(ル・シエル・カフェの記事はこちら←ぽち




ランチを休店のお知らせもあります
結構お気に入りだったランチの「cafe Bell」さん
(以前行った記事はこちら
お店の前に張り紙が貼ってあったよとの情報をもらいました

ベルポスター

どうやらランチはお休みらしいです
張り紙には「ランチがお休み、夜はやっています」と記載してありますが
夜もやっておられないっぽい??
行かれる時は確認された方がいいですよ

ランチお休みの理由は書いてありませんが
どうされたんですかね~

せっかく購入したランチパスポート
使用期間内での閉店・ランチお休み残念ですね


2015年01月10日

金刀比羅宮境内におしゃれなカフェ&レストラン~!!「神椿」

金刀比羅宮への参拝も本当に大変なんですが
途中、境内にカフェ&レストランが出来ていました
とにかく、参拝し、帰りに寄ろうと楽しみに上ったんですよ~(笑)

神椿1

入り口から500段の位地にある
資生堂パーラー カフェ&レストラン「神椿」さんです
以前はなかったのに~!!いつの間に!!
(ま、私が行ったのは20年前ですから・・・笑)

神椿2

重厚な建物の間にモダンな建物
このお店へは車で来れるみたいでした(駐車場完備)

0418f8bb.jpg


(クリックで拡大)
立地のせいもあるんでしょうね
ちょっとお高め設定です

神椿4

階段を下りていくと入り口があり、一面ガラスです
なぜガラスかと言うと・・・当然~

神椿5

讃岐平野が見下ろせるからです
とても境内とは思えないこじゃれた空間です

神椿6

スマホでパシャパシャ写真を撮るからすぐ電池が消耗するため
充電できる席に案内してもらったので
景色の良い席ではありませんでしたが、目の前の木々がいい雰囲気でした

神椿7

このコーヒーが思いのほか美味しくてびっくり
(参拝で疲れ切っていたからかな??(^_-))
飲んでいると金毘羅さんのキャラクター「笑顔元気くん」が出てくるのが
癒されました~
カフェはこの階ですが、レストランは地下のようでしたよ

疲れた足をゆっくり休ませてもらいました

資生堂パーラー カフェ&レストラン 神椿
香川県仲多度郡琴平町892-1
電話番号/0877-73-0202
営業時間/9:00~17:00(カフェ) 


2015年01月09日

過酷な参拝前にまず腹ごしらえ「こんぴらうどん」

電車に乗って、のんびりと
香川県の金刀比羅宮へ参拝に行ってきました
着いたのが12時前!となると・・・・・^m^
参拝前にまずこれでしょ!!

こんぴらうどん1

「うどん県」のうどん~食べなきゃね~
お店はあっちこっちたくさんあったけど「こんぴらうどん」さんにしました

こんぴらうどん2

入り口を入ると
美味しくて満面の笑みの大黒さんがお出迎えです

d1704329.jpg


メニューです(クリックで拡大)
お勧めはどれですか?って聞いたら
「しょうゆ天かしょうゆとり天が人気ですよ」と言われたので頼むしかないですよね

こんぴらうどん4

大きなエビ天とカツオ節でうどんが見えない~
ダシとかツユはないので
どんぶりの後ろにある特製だししょうゆをかけて食べるんだそうです

こんぴらうどん5

結構熱々で、濃いめのしょうゆともちもちうどんが美味しいよ
天かすの食感がポリポリも美味しさ倍増
たっぷりのおろしショウガのピリピリ感もいいです

電源を借りてスマホを充電したかったのに、あっと言う間に食べちゃった(笑)

御本宮

しかし、うどん食べて元気が出たけど
いや~参道の階段はつらいことつらいこと!
金刀比羅宮参拝の厳しさを十二分に味わさせてもらいました
御本宮まで785段

奥院

奥院までの1365段の往復は食べたうどんのカロリーを
全て消化させてもらったわ~
こんぴらさん参拝は足腰元気じゃないと無理ですね~
でも参拝後、もう一杯いけるね(*^。^*)

こんぴらうどん
香川県仲多度津郡琴平町810-3
電話番号/0877-73-5785
営業時間/8:00~17:00
定休日 /なし(年中無休)


lucky2507 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)四国 | うどん